Blog

ヨガってなに?

  • LINEで送る

『ヨガってなに?』と聞かれたら、
「からだを動かしてアサナ(ポーズ)をとること」を思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか?
しかし、それはヨガの実践のほんの一部です。
アサナ(ポーズ)の練習をしていない時間も含めて、
どのように生きるかを追求し実践することがヨガの本質です。

【ヨガの歴史】
ヨガの起源は、今から約4500年前(紀元前2500年)頃、
インドの修行僧が行っていた、
からだ・心・魂を、神あるいは宇宙に結び付けることの修行法とされています。
ヨガという言葉は「つながる」「結びつく」「調和」などの意味が含まれる、
サンスクリット語の「ユジュ」が語源。

【ヨガ的に生きるとは?】
『ヨーガ・スートラ』というヨガの教科書ともいえる経典があります。
この中には、ヨガ的な生き方の道しるべが記されているのですが、
それによればアサナ(ポーズ)はヨガの実践の一部とされています。
瞑想を中心に本当の自分(真我)を見つめ、どう生きるべきかを内側から探す方法を説き、
八支則と呼ばれるヨガを深め、悟りを開くための8つの段階的方法を紹介しています。

これについて書いていくと長~くなりますので、
また今度一つづつ書いていきます!

【ヨガは心身のバランスを整えるもの】
現在、世界的に広がっているヨガの原型ともいえるのが「ハタ・ヨガ」。
それまで瞑想と座法がヨガの中心だったが、
アサナ(ポーズ)とプラーナヤーマ(呼吸法)を加え構成されたのがハタ・ヨガ。、
ハタ・ヨガは、アーサナ(ポーズ)を呼吸法と合わせて行い、
自分を客観的に見つめるということから始まります。
その過程で、集中することで意識と身体を一体化させるというもの。
また、陰と陽といった異なる要素を整えることを目的とするため、
心身のバランスを整えることにもつながっているのです。

【ヨガには現代人に必要な要素が沢山つまっている!】
バランスを整えることにつながるヨガ。
私たちは日々いろいろなものとのバランスをとりながら生活しています。
家族や友人・知人など相手と自分のバランス、会社や学校など社会と自分のバランス、
自分自身の本音や欲など自我のバランス、身体と精神のバランス。
ですが、忙しく働き生活する私たちは、
無意識のうちに、これらのバランスが崩れたことによる様々な不調に苦しんでいるのではないでしょうか?
自律神経のバランスが崩れたことが原因で様々な不調に苦しんだ私が、
今は、ヨガの実践で心もからだも安定して快適に暮らしています。

ヨガは、現代人の心とからだをより良いところへと導いてくれる先人の知恵と言えるのではないでしょうか。

  • LINEで送る